Blog » 林檎舎の作家さん

CATEGORY

林檎舎の作家さん

今日は暖かい1日でした^^

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は新しい作家さんのご紹介です。

能美市にて活動中の結城彩さん

柔らかなブルーの釉薬と、

マットな質感でやさしい風合いの器を作り出します。

 

小鉢¥2,100-

Φ12.5 H5

 

小皿 ¥2,625-

Φ15.5 H3.5

カップ ¥2,625-

Φ7 H8 

是非店頭まで見にいらしてくださいね♪

 

そしてもうひとつアップルお勧めのご紹介です。

自由鍋 ¥8,400-

◆ 両手鍋24㎝ (内径:24㎝ 幅:32cm 高さ:10cm 満水容量:3.8L 底厚:6.3mm)
◆ 浅型両手鍋24㎝ (内径:24㎝ 幅:32cm 高さ:7cm 満水容量:2.7L 底厚:6.3mm)

 

アルミ鋳物×セラミック加工のお鍋で、軽くてお手入れが簡単です。

上下に重ねれば無水調理も出来ちゃいます^^

 

さらに反対にくるっと回して重ねると。。。

2段調理も可能!!

下段で蒸し野菜を調理しながら上段で卵料理を作れば

短時間でボリュームたっぷりの朝ごはんがばっちり作れます^^

焼く・炒める・揚げる・炊く・蒸す・煮る・茹でる・湯煎

オールマイティーに使えるうえスタッキングにも優れているので

春から一人暮らしを始める子供さんへの贈り物にも良いですよ♪

 

昨日の雨と雷は嘘のように今日は穏やかなお天気ですね♪

今日からGW初日の方も多いのではないでしょうか?

林檎舎アップルカンパニーは5月3,4,5日はお休みとさせていただきます。

(1日水曜日は定休日です)6日からは通常通り営業致します。

宜しくお願い致します。

 

また本日はいくつか入荷致しましたのでご紹介致します。

定番の九谷青窯からシンプルで普段使いに最適な器たちです。

 

白磁楕円.JPG

白磁楕円皿

 

しのぎ4寸.JPG

しのぎ4寸皿

 

しのぎ市松.JPG

しのぎ市松角皿

 

しのぎマグ.JPG

しのぎマグカップ

 

いっちんれーす.JPG

いっちんレース蕎麦猪口

 

続いて、高橋生華さんから新作の作品が届いております。

あちこち風.JPG

蒲公英とあちこち風の器(緑と紫)

あちこち風緑.JPG

あちこち風ピンク.JPG

 蓋をあけると中にタンポポが風で舞っています。

 

すず虫.JPG

菊とすず虫の器(緑と紫)

なぜ、すず虫かといいますと。。。

すず虫緑.JPG

すず虫ピンク.JPG

上の蓋をあけると、蓋の裏側にすず虫がひょっこり現れます♪

そして蓋を振ると、取っ手の中に鈴が入っているので、ちりんちりんと鳴くんですよ!

 

香立て(ぼたんとマリ)

ぼたん香.JPG

 まり香.JPG

 

花の茶器は少しモデルチェンジし、カップ外側の質感がマットなものになりました。

新カップ.JPG

ひとつひとつ細かく、質感も形も綺麗で長く大事に使いたい器です。

連休中是非お越しくださいませ。

 また、これらの作品はオンラインショッピングでもご購入できます。

詳細などご不明な点など御座いましたらお問い合わせくださいませ。

去年から少し展示を始めた岡本修さん
岡本さんの器は、金沢ではあまり見たことの方が多いかと思います。
NHKのきょうの料理のテキストにも紹介されている
主に関東中心に、人気の作家さんです。
さりげない色絵の器は、料理を引き立ててくれます。

地元誌金澤に掲載された天使の銀彩のカップも好評のうち
クリスマス前に完売しました。
一緒に掲載されて、お問い合わせの多かった天使の羽の小鉢も一月末に入荷しました。
とても、素敵な一品です。是非、ご覧下さい。
(今回も6個のみの入荷になりますので完売の際は、注文となります。)


IMG_1756-2.jpg

扇田さんのHOUSEは、光を反射して輝くガラスではなく、光が染み込むようなガラスです。
晴れた日、曇った日、夕焼けの日、光を優しく抱きこんで
いろんな表情の光を見せてくれます。

HOUSEを見つめる人の表情は、小さな子どもから、子どもの日から随分と遠くなった
大人まで、優しくてきらきらした眼差し。
傍らで、その表情を見ていると、とてもうれしいキモチになります。

何かを通して、キモチが共感出来ていると思える瞬間は、
どんなシチュエーションでも幸せなものです。

HOUSEを通して、お客様と私とそして、扇田さんのキモチが共感している、そんな瞬間。

HOUSEを見ていたら、子どもを叱った後の苛立ったキモチを
やさしいキモチに変えてくれる。」と
こっそりと教えてくれた、やさしいおかあさんのお客様。

「仕事で疲れた週末の朝、HOUSEの光をボーっと見ていたら
やさしい思いがこみ上げて、癒されてた。」
なんて言ってくださった男性のお客様。

なんて、素敵な感性なんだろう。
HOUSEを創った扇田さん、そしてお客様。
HOUSEは、なんだか、大切なこと教えてくれるんです。

OUG-10.jpg

手に取ると、なんだか嬉しくなって「くすっ」と笑顔になる器
かわいいクマやパンダ、お花やちょうちょ、・・・
きれいな色の取り合せ、
子どもばかりじゃなく、大人の心もつかむ器です。

かわいいだけで終わらず、きちんと使い手のことを考えた形、
気がつかないような細かいディテールの始末に
彼女の職人の心が感じられます。

感性の表現だけにとどまらない、使う人の笑顔までを思い
つくる姿勢が、器に表れています。

MURATA-05.jpg

CATEGORY

▲Page先頭へ