HOME » Blog » これがおすすめ! » made in Germany

Blog » Blog

CATEGORY

これがおすすめ!

made in Germany

以前にドイツのレデッカーというお掃除道具をご紹介致しましたが
記事はコチラ
ドイツも日本と同じように職人による手仕事を大切にし、その伝統と技術を今に受け継いでいます。

そこで本日はMade in Germanyのおすすめをご紹介致します。


turk(ターク)のフライパン
熟練した鍛冶職人のアルバート・カール・タークが1857年turk社を設立し
150年変わらぬ製法で鉄製のフライパンを作り続けています。
IMG_1752.JPG
その製法は一枚の鉄板を徐々に打ち出し、1つのフライパンに仕上げる、こだわりのクラシックフライパンです。
鉄製のフライパンだとお手入れや使い方が難しそうと思われますが、
一通り使い方になれてしまえば、鉄製フライパンの魅力がわかり、
何代にもわたってお使い頂けるフライパンです。

IMG_1756.JPG

IMG_1751.JPG

turk.JPG

お使い頂く前に焼ならしをして頂きます。

焼きならしの方法
1.フライパンに熱湯と中性洗剤を入れてスポンジなどで洗います。
2.きれいにゆすぎ、火をかけて水分を十分に飛ばします。
3.フライパンを十分熱してから、たっぷり油を入れます。
4.じゃがいもやニンジンの皮などのくず野菜と塩を小さじ1~大さじ1入れて
中火~弱火で野菜が茶色っぽくなるまで、フライパンに油が十分なじむ様に炒める。
5.フライパンの中身を捨てて、フライパンをお湯ですすぎ、ペーパータオルなどで拭いてから、
火にかけ、水分を飛ばします。

以上が焼ならしで、このまま続けて調理が出来ます。
すぐに使用しない場合はキッチンペーパーなどでフライパン全体に油を薄く塗ってください。

フライパンの使い方
十分にフライパンを温めて、中火~弱火で火加減を調整しながら調理します。
使用後はスポンジで洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭き取り
キッチンペーパーなどでフライパン全体に油を薄く塗ってください。
(これを毎回繰り返してください。)

焦げつきや錆つきについて
もし焦げつきや錆つきがついてしまったら、たわしでこすり、再度焼ならしを行ってください。

保管については錆や腐食の原因になりますので湿気の多いところで保管しないでください。

またturkの公式HPにてturkのフライパンを使ったレシピなども御座いますのでそちらもご覧ください。





alfi(アルフィ)のポット
IMG_1741.JPG
ドイツのポットメーカーとしてとても有名なalfi。
保温機能に優れたポットは日本製でもいくつも御座いますが、
機能的でかつ美しいデザインのalfiの保温ポットはで長く使えるアイテムの一つです。


IMG_1745.JPG

IMG_1744.JPG

IMG_1743.JPG
alfiの保温ポットは二重の真空層があり、その層によって温かいもので約12時間、冷たいものでも約24時間持つことができます。
また人間工学により持ちやすさや注ぎやすさ、ワンハンドでの使いやすさを追求しています。

今回ご紹介した2つの商品はアップルでお取り扱いしております。
是非ご覧ください。

CATEGORY

▲Page先頭へ