ギャラリー林檎舎

のがし研究所「十月菓子:栗尽寒露」

二十四節気の「秋分:寒露」

秋も深まり、

草木に降りる露もいつの間にか冷たさが増してきます。

朝夕の冷え込みも

涼しさというよりは肌寒くさえ感じるようになってきます。

植物の新芽は生き生きとして

春の芽吹きとはまた異なる趣があり

厳しい夏のあいだに

内側そっと培われてきたものがあるのだと気づかされます。

*

今月も能登輪島の

「のがし研究所」さんより季の菓子をお届けいただきました。

*

IMG_7636.JPG

*

◆のがし研究所さん添文より◆

*

日が短くなり朝夕の露が冷たく感じられる頃です。

畔の小豆も葉が黄色くなり始めます。

オニグルミ、ナツハゼなど山の木の実が次々と旬を迎えます。

中でもしば栗は、コクのある旨味と鼻腔に抜ける香りが

栽培物とは一味違う野生の栗です。

朝一番に拾い、一粒一粒皮を剥き下拵えをします。

集落の婆ちゃんが

「茹でて針を通して木綿糸でつないで勝栗にした。

報恩講さんのおやつに持って行った」と教えてくれました。

*

①!cid_17c256c99d5e4e019f77.jpg

◆村の秋「蒸し羊羹」◆ 

自家栽培無農薬 能登大納言

能登産しば栗

!cid_17c256c2fac207cf5f05.jpg

◆しば栗きんとん◆ 

能登産しば栗

!cid_17c256a131d207cf5f01.jpg

!cid_17c256b28ab207cf5f02.jpg

!cid_17c256b6511e4e019f73.jpg

!cid_17c256c6c1d207cf5f06.jpg

*

次月もどうぞおたのしみにお待ちください。

*

◆ギャラリー林檎舎◆

金沢市西都1-276 10-18時 定休日:水曜日

TEL;076-268-8022